WebライティングでおこなうべきSEO内部対策7選

SEOの内部対策の範囲はとても広く、結局のところどれから始めればいいのかわからない方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

実はSEOの内部対策のほとんどが、Webライティングに関連のある施策です。

そのためWebライティングを怠ると、いくらSEO対策をしても効果は発揮できません。

そこでこの記事では、企業のWebメディア運用担当者が知っておくべき、WebライティングでおこなうSEO内部対策を7つご紹介します。

SEO対策とWebライティング

SEO内部対策とは、検索エンジンのGoogleやYahoo!での上位表示を狙って行う施策のことで、サイトの構成やタグ整理、キーワード選定などを指します。

SEOに関する記事は「SEO対策の全知識を完全網羅」にて詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

【2022年最新版】SEO対策の全知識を完全網羅(最新データを随時更新)

また、SEO対策の中には、Webライティングを使って読者に向けた分かりやすく良質な記事を執筆することも含まれています。

WebライティングでおこなうSEO内部対策

実際にWebライティングでおこなうSEOの内部対策を7つご紹介します。

①サイトのタイトルや見出しに「キーワード」を入れよう

「キーワード」とは、読者が悩みを解決するために検索エンジンに入れる「検索ワード」のことです。

サイトを検索する読者だけでなく、検索エンジン側はキーワードに含まれる「単語」でコンテンツの内容を判断しています。

そのため、サイトのタイトルや見出し、文章の始まりには必ずキーワードとなる単語を入れるようにしましょう。

②代名詞の使用はできるだけ避けよう

「これ」や「それ」など名詞の代わりに用いられるのが代名詞です。

頻繁に使用すると、読者が読み飛ばすと意味がわからなくなったり、検索エンジンが正確に理解できないという欠点があります。

代名詞が多い場合はキーワードの使用回数を増やしたり、言葉の言い換えを行いましょう。

③HTMLタグを設定して文章を構造化しよう

HTMLは、検索エンジンにサイト情報を正しく伝えるためのプログラミング言語です。

このHTML構造をタグという記号を用いて最適化することで、検索エンジンがスムーズにサイト内容を理解できるようになります。

コンテンツの最適化は技術が必要なため、Webライティングを代行している企業に相談すると良いでしょう。

④内部のリンクを最適化しよう

内部リンクとは、自社のサイト内のページをリンクでつなぐことです。

関連した情報や最新のデータをリンクさせることで、読者を逃さず、検索エンジンからの評価も得ることができます。

リンクを貼る際に「詳しくはこちらから〜」という抽象的な表現を使いがちですが、リンク先のコンテンツを具体的に表記することも重要なポイントです。

⑤コンテンツのコピーはやめよう

他サイトや書籍などの文章をそのまま転載することは、検索エンジン側から重複コンテンツや盗用として認知されペナルティの対象になります。

既に掲載されている文章を理由があって使用したい場合は、引用タグを用いてライティングしましょう。

⑥noindex処理をしよう

noindexとは、検索エンジンにすでに登録されているコンテンツをブロックする設定のことです。

インデックスとは検索エンジンのデータベースに登録されることですが、自社サイトの投稿数が多くなると、内容や情報が重複して検索結果に表示されないという現象が起こります。

noindex処理を正確におこなうと、サイトの評価が下がることを防ぐことが可能です。

⑦ユーザーファーストの執筆を心がけよう

大手検索エンジンであるGoogleは、「ユーザーファーストの記事を評価する」と名言しています。

そのため、Webライティングを丁寧に行えば、おのずとSEO内部対策につながるのです。

Webライティング技術を高め、ユーザーである読者にとって分かりやすく、またオリジナリティがある執筆を心がけるようにしましょう。

WebライティングでおこなうSEO内部対策7つまとめ

この記事ではWebライティングでおこなうSEO対策を7つにわけてご紹介しました。

もし「Webライティングができる人材が確保できない」「SEOの勉強をしたいが時間がない」などでお悩みの方は、株式会社京谷商会のITソリューション事業部にお問い合わせください。

問い合わせ見出し



    弊社では一括してWebライティングからSEO対策、アップデートまでの全てのメディア運用を代行させていただきます。

    「どこまで外注OK?Webライティング代行業者のサービス内容とは」の記事で代行可能なサービス内容を詳しく説明していますので、参考になさってください。

    どこまで外注OK?Webライティング代行業者のサービス内容とは