SEO対策が大切だとわかっていても、「なかなかリソースが足りず、そこまで手が回らない!」とお悩みの方もいいのではないでしょうか。

SEOを外注しようにも多くの企業が乱立しているため、自社に最適なライティング代行企業を探すだけでも一苦労でしょう。

そこで今回は「SEO対策を誰かに頼みたい!」と考えた際にチェックすべき3つのポイントを、SEOライティングのプロフェッショナル目線で詳しくご紹介します。

もし「SEOってなんだろう?」と基礎から知りたい方は、ぜひ「企業に求められるSEO対策や効果について解説」の記事も参考になさってください。

Webライティングは委託できるって本当?企業に求められるSEO対策や効果について解説

SEO対策を外部委託するときのチェックポイント3選

基本的にSEO対策では、自社サイトの検索順位をあげて集客力向上を狙います。

そのため、依頼するにあたっては、ライティングを請け負うSEOの専門企業にGoogle検索アルゴリズムへの理解と、実践可能なノウハウがどれだけあるかを確認することが大切です。

ここでは、そのポイントを3つに分けてくわしくみていきましょう。

過去の実績や専門性は本物か

実はSEO対策は、Googleが順位決定の仕組みを公開していないため「こうすれば検索順位が上がる」という明確な指標はありません。

そのため、外注する場合は、SEO対策の専門企業が過去にどのような実績をあげているか、どういった分野のWebライティングを代行したことがあるのかなど、実績を中心に確認するようにしましょう

ただし、ホームページに記載されている実績だけを鵜呑みにしてはいけません。

SEOの専門的な企業であればあるほど権利や契約の関係で具体的な社名や実例を出すことを避けている場合があるため、最終判断をする前に必ず実際に問い合わせてみることが大切です。

SEO戦略が明確で、自社向けにカスタマイズ可能か

SEO対策には正解がないため、市場や業界、目的に合わせて様々な戦略を組み合わせる必要があります。

例えば請け負うWebサイトのドメインパワーによっても、毎日更新が必要なのか週1更新がいいのかどういったキーワードで上位表示を狙うべきなのかなどが全く異なります

SEO対策を行うにあたって、型にはめず、自社に最適なカスタマイズを行ってくれる企業であれば安心です。

もし外注業者に迷ったら、SEOだけでなく内部対策や被リンク対策のアドバイスを聞いてみましょう。

しっかり知識のあるSEOの専門企業であれば、さまざまな提案をしてくれるはずです。

例えば京谷商会では「【SEO対策】政府公式サイトからの直リンクをGETする方法」にあるような対策を公開しています。

【SEO対策】政府公式サイトからの直リンクをGETする方法を解説

サポート体制とコミュニケーション

SEO対策は成果が出るまでに半年以上必要です。

そのため外注する場合は、定期的にミーティングに応じてくれるか信頼できる態度かなどもしっかり確認しておく必要があります。

リスクを最小限におさえながらしっかりと結果を出すために、密にコミュニケーションが取れるSEO対策業者を探すようにしましょう。

SEO対策を「ちょっとだけ」頼める?

これまでご紹介した内容で「SEO対策は時間がかかるから、長期間依頼しないといけないのか」と感じた方も多いでしょう。

事実、SEO対策を請け負うほとんどの企業が、長期契約を前提としています。

しかし実際の現場では「ここのデザインだけ頼みたい」「2ページだけとりあえず記事がほしい」など、ちょっとした困りごとのほうが多いものです。

もし、短時間で少しの作業を依頼したいとお考えの方はオンライン秘書サービス「聖徳太子」の活用をご検討ください。

オンライン秘書サービス「聖徳太子」とは?

オンライン秘書サービス「聖徳太子」は、SEO施策やSNS運用などWEBマーケティングに特化したオンライン秘書サービスです

10分単位で作業をご依頼いただけるため、ちょっとしたSEO対策も気軽にお申し付けください。

このオンライン秘書サービス「聖徳太子」の母体となる京谷商会は、プロのSEOライターや、紙・デジタル両方に精通したデザイナー、RPAやGASなどの自動化ツールのプロが多数在籍しているため、安心しておまかせいただけます。

詳しいサービスは公式サイトか、以下のリンクから紹介ページを参照してください。

オンライン秘書サービス「聖徳太子」の魅力とその秘密