腸内フローラという言葉を聞いたことがありますか?

腸内フローラとは、大腸などの腸に住んでいる善玉菌を中心とした微生物グループのことです。

実は、高齢者の健康寿命を延ばすにあたって「腸内フローラ」が鍵を握っていることが科学的に分かってきました。

ここで今回は腸内フローラに焦点を当て、腸内フローラとは何か、おすすめの食事などを合わせてご紹介します。

ずっと健康でいるために、腸内フローラを育てる食事を取り入れていきましょう!

腸内フローラとは?

腸内フローラとは、私たちの腸内に共生している様々な微生物のことです。

この腸内フローラのバランスが崩れ悪玉菌が増えると、食欲低下や便秘、疲れやすくなる、免疫力が下がるなど、健康に悪影響が発生します。

特に高齢者は腸などの内臓の動きが低下し善玉菌が少なくなりやすいため、腸内環境の変化に敏感です

そのため高齢者ほど意識して腸内フローラのバランスを整えなければなりません。

腸内フローラを整えるには?

腸内フローラを整えるには、善玉菌を増やし腸内環境を整える食品を積極的に取り入れることが大切です。

例えば善玉菌を育てるためには、オリゴ糖や食物繊維を多く含む野菜・海藻類などを食べてみましょう。

また、発酵食品である納豆やキムチ、ぬか漬け、味噌、チーズなどもおすすめです。

1種類だけを食べ続けるのではなく、様々な種類の食品をバランスよく食べるようにしましょう。

おすすめ腸活レシピ!

簡単レシピを2つご紹介します。

①ねばねばサラダ

オクラや長芋と一緒に、市販のもずく酢を和える簡単レシピです

トマトやキャベツなどをさっと湯通しするなど、他の野菜をプラスしてもとても美味しいですよ。

腸内環境を整えるほか、便秘解消にとてもおすすめ!

②簡単おからパンケーキ

水・豆乳・牛乳など(40ml)たまご(1こ)乾燥粉おから(10g)お砂糖(10g)ベーキングパウダー(3g)を全部混ぜて、レンジ500Wで3分チンするだけ!

食物繊維が腸内を掃除してくれるため、目玉菌が喜ぶスイーツです。

アレンジとして、ココアパウダーや酪酸菌青汁を足したり、水を減らしてバナナを入れるなど、様々な味が楽しめますよ!

高齢者の腸活におすすめの酪酸菌青汁については、「酪酸菌とは?青汁で腸活すべき理由と効果を解説」の記事も参考にしてください。

酪酸菌とは?青汁で腸活すべき理由と効果を解説

腸内フローラをケアしていつまでも元気に!

高齢者の方がいつまでも健康でいるために大切なのが、腸内フローラです。

もし日々のご家族のお食事に困っていたり、どんなものを食べたらいいのかわからない方は、是非一度京谷商会の配食のふれあい太子店までご相談ください。

腸内フローラにも優しい食物繊維たっぷり、栄養バランスばっちりの美味しいお弁当を毎日お届けするサービスです。

現在、無料試食のキャンペーンも実施中です。(終了日未定)

詳しい配達地域や値段につきましては、お申し込みフォームか、フリーダイヤル(te:0120-649-111)にてご連絡ください。

お申し込みフォーム-768x431