多くの企業では、集客のため今でも広告運用に多額のコストと時間を費やしています。

しかしオンライン秘書を使えば、よりコストパフォーマンスよく自社PRを狙えることをご存知でしょうか

そこで今回は、コスパよく集客を実現したい方へ向けて、オンライン秘書を使った集客方法3選を具体的に解説します。

オンライン秘書の集客方法3選!

オンライン秘書とは、さまざまな自社業務を外部人材へと業務委託する仕組みのことです。

人を雇うほどでもないけれど、ちょっと依頼したいという業務はオンライン秘書の得意分野です。

オンラインなので手間なく・安く仕事を依頼できるほか、専門スキルを持ったチームに外注することでクオリティの高い成果を期待できます。

①自社SNS運用で集客する

SNSはコミュニケーション以外にも、さまざまなビジネスの集客窓口になっています。

しかし、SNS運用は写真撮影や文章投稿など手間が多く、なかなか業務内で行うことが難しいと感じる方も多いでしょう。

オンライン秘書を活用すれば、こういった面倒なSNS運用も時間単価で格安で依頼することが可能です。

例えばInstagramに自社製品の写真をアップしたり、X(旧Twitter)に毎日業界ニュースを投稿する、自社Facebookページを作成するなど、さまざまな媒体を通じて集客力アップを狙うことができます。

②集客用のチラシやWebバナーなどの作成

魅力的なチラシやWeb画像などがあれば、多くの顧客の関心をひくことができます。

しかし、自社にデザイナーを雇うのは高額な費用が発生しがちです。

そこで、デザイン制作は専門スキルを持ったオンライン秘書に外注してしまいましょう。

デザイナーに任せれば、ターゲットの年齢や関心にあったデザインを1注文から依頼できます

③多言語対応で国際化を狙うなら

将来の顧客は、日本人だけではありません。

グローバル化が進む中、商品の販売やSNS運用、ブログ運用などは、本当に日本語だけで十分ですか?

例えばブログの執筆も、単なる「SEO対応のライティング会社」では執筆すいれば依頼完了ですが、「チームで動くオンライン秘書サービス」であればSEOに強いブログ執筆を依頼するついでに、多言語に翻訳してもらうことも可能です。

自社の可能性をひろげるためにどんな工夫ができるか、オンライン秘書チームに相談してみてくださいね。

オンライン秘書 聖徳太子ならすべてをお任せいただけます!

多機能なオンライン秘書のなかでも、SNS運用やブログ運用による集客が得意なのが「聖徳太子」です。

プロのSEOライターとデザイナーがタッグを組み、費用対効果の高い集客施策をサポートしています。

ニッチな業界のブログ集客はもちろん、YouTubeの収益化、ラジオ放送、タイ語での出版、ジョージア語対応可能なスタッフ在籍など、聖徳太子のチーム一筋縄ではいかない人材がそろっています

もちろん煩雑なデータ整理やExcel処理、事務・経理作業の自動化なども請け負っていますのでお気軽にご相談ください。

業務自動化の成功事例に関しては、公式サイトの「【導入事例】配食のふれ愛 太子店」で詳しくご紹介しています。

総合コールセンター

オンライン秘書サービス「聖徳太子」の魅力とその秘密